ととや@信州安曇野

信州周辺のトラウトルアーフィッシングなど

鹿の角からグリップの切り出し


鹿の角からランディングネットグリップの切り出し作業。
先日完成したネットに使った角と同じ鹿の片割れであり、
両方とも根本から2番目の枝分かれ部を使用するので、
左右対称でカーブが反対になる。

 

バイスでクランプして、手鋸でギコギコ…。

 

 


こんなものだろう。
さて、次はフレーム材の接着面を加工するのだけど、
板から切り出したグリップと違って、
基準となる平面が無いことが難しいのだ。

 

板材だったらグリップの表面(または裏面)に対して
垂直にフレーム接着面を削っていくだけのこと。
しかし、有機的にうねった三次元形状に対して
それをどう加工するのか、という話。
前回は手の感覚だけに頼ったのだけど、気を遣うんだよな。
なにか良い方法はないものだろうか?

 

にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村

Full Speed or Nothing!

メタルな先輩とLINEのやり取りをしていたら、
「そういえばMETALLICAの新曲聴いた?」
と来た。


いえ、まったく知りませんでした。
私のMETALLICAはLOADで時間が止まっているのです。

 

しかし気になって、すぐにググってみた。
すっっっごく気に入った。
とりあえず10回以上聴いた。

 

うーん、イイね!
Light it!

 

にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村ランキング応援のクリックをお願いします

カラフル

昨日、土曜日の安曇野は暖かかったけれど、今日は寒い。
例年より長かった秋が終わり、そろそろ冬になるぞ、という感じ。
これから屋外作業がつらい季節になる。

 


ずっと前に作って、最近はもう使っていなかった型枠を
ひと回り小さくきれいにリシェイプしたことを忘れていた。
これに木ねじを立てれば型枠として使えるものになる。

 

穴がたくさん開いているのは、
結束バンドを通してフレームを固定するためのもの。
外すときはニッパーで結束バンドをバチバチ切っていく。
今から思えば作業効率がかなり悪かった。

 

 


この型枠でストレートタイプの渓流用をつくり始めた。
カラフルだぜ。

タコ糸、水糸、結束バンド、色々と試行錯誤をした結果、
今はこの方法に落ち着いている。

 

今年は雪はどうなんだろう。
少ないといいなあ。

 

にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村ランキング応援のクリックをお願いします

ランディングネット「カシオペア」


鹿角グリップのランディングネットが完成。

 


今回の特徴はなんと言っても初めてグリップ材にした鹿の角だな。
つくっていて木とは違った楽しさがあった。
材料は在庫があるのでまたつくりたいと思う。

 

 


フレーム材は色味の違う2色の神代タモとメープル。
そして久しぶりに単色染めのネット。

 

 


グリップエンドはウォールナット

 

 


グリップ側から。
この有機的にうねった3次元形状がとても握りやすいのだ。

 

 

 


裏側はこんな感じ。
裏側と言っても撮影時に表にすることがあるかもしれないが。

 

 


内径27cm×18.5cmの渓流サイズ。
これは命名カシオペア」だ。

 

にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村ランキング応援のクリックをお願いします

染めの週末

この週末のメイン作業はネット染めだった。

 


これは単色染め。
いつものオマケ軍手を添えて乾燥中の図。

 

 


3枚完了。
グラデーション染めはそれなりに手間がかかる。
私は鍋ひとつで染めているので、1日で3枚はわりと大変なのだ。

 

外作業が厳しい季節になってきた。
安曇野は徐々に冬に向かっている感じがする。
今年は雪はどうなのだろうか。
あまり降らないと良いなあ。

 

にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村ランキング応援のクリックをお願いします

紅葉

もう十数日雨が降っていない。空気が乾燥しているのが分かる。
今朝は朝焼けだったが、降るかな。降ると良いね。

先週末の話だけど、近くのお山方面にドライブに行ってみた。

 


今年は紅葉が綺麗なのだ。

 

 


おさるもいた。
山の上の方よりもむしろ人里に近いエリアを群れでウロウロ。

 

帰ってきて庭でネットを削っていたら妻がおやつを出してくれた。


最近、美味しい瓶詰のラムレーズンを見つけたのだが、
これをクリームチーズに混ぜてベーグルに挟んだもの。
それと終わり初物のシャインマスカット。

ところで「おわりはつもの」って言葉使いますか?
実家ではよく聞いたけど、それ以外であまり聞かないなと思って。

 

にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村ランキング応援のクリックをお願いします

ツノの凹凸に合わせて

鹿角ランディングネットはオイル仕上げ工程に入った。
というわけで恒例の作業前後比較画像。

 


これが…

 

 


こうなった。
良いね、ほぼイメージ通りだ。

鹿の角の表面もサンディングしておいたせいかしっとりとした。
木のように含侵することはないと思うけど。

 

これで次の週末からオイルサンディングに入る。
そろそろネットを準備しなくては。
これは何色が合うのだろうか?

 

 

グリップエンドは少し手を加えて、鹿角の凹凸に合わせてみた。


この合わせ具合のこだわり、分かってもらえるだろうか?
我ながら良い仕上がり、ここは満足の出来。

 

にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村ランキング応援のクリックをお願いします!