ととや@信州安曇野

信州周辺のトラウトルアーフィッシングなど

犀川の岩魚

日曜日。

前日の天気予報によれば午前中の早くから雨になるようだ。

早起きできればお山の川へ行くつもりだったが、案の定…。

 

よし。気を取り直して、犀川だ。

f:id:Totoya:20210405210733j:plain

川面を流れる桜吹雪。風流ですな。

 

さて、桜はともかく反応がない。

雨がパラパラ落ちてくる。

やめ時か、とクルマに戻りかけると日が射してきた。

もう少しやれってことか?

 

見渡すと、遠くに見えていたエサ釣り師がいなくなっている。

あそこだけ叩いて終わりにしよう、と少し遠いが河原を歩く。

途中、ギリで渡れる流れを歩き、これを書いている今は太もも筋肉痛。

到着。うん、良いね。流れが強く深い。

 

対岸に投げたミノーが表層流に飲まれないよう、

なだめすかしながらできるだけ深くを泳がせる。

こんな時、クラッチを切って、サミングワークで

テンションをかけつつラインを出せるベイトリールは便利だな。

 

すると流れのど真ん中で、ゴンゴンッと強烈なヒット!

重い引き、水面に上がってこない。

ひとまずドラグを良い感じに調整して、

周囲を見回すと上流が少し浅くなっている。

時間をかけてジワジワと上流へ誘導してランディング。

 

 

f:id:Totoya:20210405211037j:plain

タイトルで言ってしまっているのでアレなんだが、岩魚だったよ。

丸々と太った47センチ、犀川の岩魚はひさしぶりだ。

 

 

f:id:Totoya:20210405212150j:plain

ランディングしてすぐに撮った画像のうちのひとつ。

立派な尾ビレだが回復中に見えなくもない。

そして口周りの傷とエラブタの小欠損。

どこか養魚場でも脱走して回復中だろうか?

それとも放流されて数年経ったのだろうか?

 

撮影していたら頭上で犀川モーキン(別名:トンビ)が旋回を始めた。

ヤバいヤバい。

 

f:id:Totoya:20210405211140j:plain

バイバーイ、どうか元気に生き延びてくれ。

 

ブログ村バナーのこいつも犀川の岩魚

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村

4gミノーも投げられるように

土曜日。

お山の川へ行こうと、前日の夜からクルマに装備を積んでおいた。

しかし、起きるとどうも体調がすぐれない。

なんだかんだやっているうちに出発時間は遅くなり、

それでも行くだけ行こうと出発したのだけど、

結局、家からそう遠くない場所で少し投げて帰ることにした。

積んでいたベイトタックルでキャスト練習でもしよう。

 

 

f:id:Totoya:20210404180739j:plain

例の謎スプールに加え、マグネットを交換したら、

飛礫ラクラク投げられるようになってしまったよ。

これが4gなので渓流ミノーイングでも使えるってことだな。

アップの釣りではメリットが無いと思っているので、

本流でしか使っていないけど、投げていて楽しいことは事実。

(まあ、カーディナルでも楽しいんだけどね)

特にロングキャストして後半の伸びが感じられる時は気持ち良いのだ。

 

 

f:id:Totoya:20210404181506j:plain

ここ数日の暖かさで一気に芽吹いたね。

安曇野は桜が満開、川でツバメを見かけた。

今年は色々と早いな。

 

にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村

杏染めをしてみた

ランディングネットを染めるのに、いつもダイロンマルチを使っている。

しかし以前から草木染めってのに興味があったのだ。

 

その日、運転しながらテレビを聴いていると、

杏染めというのを紹介していた。

おー。信州らしくて良いじゃないか。

花で染めるのかと思いきや、枝を使うらしい。

 

そういえば知人が庭の杏の木を剪定したと言っていたなあ。

ちょうどその知人宅の近くだったので電話して、

まだあるか?少し分けてくれないか?

と聞いてみると、まだある、いくらでも持っていけとのこと。

 

f:id:Totoya:20210323203212j:plain

庭に大量の枝が放置されており、鋸と鉈を用意してくれていたので、

切ったり折ったりしながら小さな紙袋に一杯だけもらってきた。

 

帰宅してググってみると、あまり情報は見つからなかったが、

つぼみのついた細い枝が良いみたいだ。

 

f:id:Totoya:20210323203605j:plain

良さそうなところを選り分けて短く切りそろえたところ。

これを煮るのだ。

 

 

f:id:Totoya:20210323203746j:plain

洗濯ネットに入れてぐつぐつ煮ているところ。

よし、色が出てきたぞ。

 

洗濯ネットを上げて、タオルで濾して、

そこに色のついていないランディングネットを漬け込み、よくもむ。

約15分の後、今度は媒染という作業。

媒染液は熱湯1000gにミョウバン5gを溶かしたものを使った。

ここにまた約15分漬けて、よくもむ。

結局、これを3セット繰り返して、水でよく洗って終わりにした。

 

 

f:id:Totoya:20210323203838j:plain

じゃーん。

手前が杏染めしたもの。奥は染色前の色ね。

 

どうなんだろ、これ。

思ったよりかなり薄かったが、まあ色はついたという感じだ。

これが似合うフレームはどんなだろう?

 

にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村

クルミッ子

クルミッ子というお菓子がある。

f:id:Totoya:20210321185254j:plain

これですね。とても美味しいのだ。

 

数年前から大宮に行く機会が増え、

(とは言えコロナのせいで1年以上行っていないが)

大宮駅前のデパートでバラ売りを買ってきたのが最初で、

それが気に入ってよく買うようになったお菓子。

 

f:id:Totoya:20210321201231j:plain

最近は、妻がこのように切って出してくれるのだが、

こうして食べる方がより美味しい気がする。

コーヒーとよく合うのだ。

 

これ、調べてみたら大宮とは全然関係なくて鎌倉のお菓子だった。

長野県にもこれとよく似たお菓子があり、

周りの人に聞いてみると人気があるようだったので

一度試してみたのだが…。

うーむ、どうなのだろう。

まあ、味ってのは所詮主観的なものだからなあ。

 

にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村

スタッグキーホルダーのつくり方

f:id:Totoya:20210321164712j:plain

・鹿角をピラニア鋸で良い感じに切断する。

・サンドペーパーで切断面を整える。

・キーホルダー金具用に途中止めの穴をあける。

 ピンバイスにφ1.5程度のドリルをつけて手作業で下穴をあけ、

 その後φ5のドリルで一気に加工してみた。

・キーホルダー金具を接着する。

 これはランディングネットのグリップに付けているφ5の回転カンを使用。

・あとは全体を整えて完成。

 

という感じで、よくあるスタッグキーホルダーをつくってみた。

シンプルだけど、ワイルドで、少し神秘的で、良いね。

鹿角は水難除けのお守りとも言われているらしいし。

 

にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
にほんブログ村

たい焼きをお腹いっぱい食べる話

好きな食べ物って、思う存分食べてみたいという欲求がないだろうか?

私の場合、まあ結構そういうものがある。

分かりやすい例で言うと、山梨県信玄餅なんて小さい頃から大好きで、

いつか大量に食べてやろうと思いつつ、そこは理性が働くので、

おそらく一度に2つまでしか食べたことはない。

 

f:id:Totoya:20210317204621j:plain

先週末のことだった。

帰宅するとキッチンに見慣れないものが大量に置いてあった。

たい焼きだ。

大好きなのでうれしいのだが尋常ではない量だ。

 

妻によれば、なんやかんやあって、要するにいただき物とのこと。

いただいた時は焼きたてだったらしく、

すぐに2つ食べたとのことだが、とにかくまだたくさんあるのだ。

そこで、その日の夕食後から始まり、

翌日の朝食、10時のおやつ、昼食、3時のおやつまで、

人生初の連続たい焼き祭りとなった。

トースターで焼くと焼きたて復活、翌日もかなりおいしく、

また途中でバターを添えてみたり、メープルシロップをかけてみたり、

飽きることはまったく無かったよ。

満足。

ご馳走様でした。

残さず美味しくいただきました。

 

3時のおやつで食べきったので、夕食はハンバーグとなりました。

 

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村

尺岩魚

週の中日。先週に引き続き貴重な平日の休み。

10時頃、お山の川へ到着。

f:id:Totoya:20210311220114j:plain

寒い。陽射しはあるがかなり風が強い。

川に入る。風が冷たい分、水は冷たく感じない。

釣り始めてすぐに1匹かける。

しかしニジマスが大ジャンプしてミノーが吹っ飛んでいく。

敗北感のあるちょっとイヤなバラし方。

…気を取り直してどんどん釣り上るのだ。

 

中央に岩が入っている緩やかな流れの小さなプール、

小刻みにミノーを躍らせると岩の向こう側でヒット。

この動きはヤマメだな。

 

f:id:Totoya:20210311220652j:plain

先週とは雰囲気の違う綺麗なヤマメ。

よしよし、やっとシーズン開始感が出てきたよ。

 

 

f:id:Totoya:20210311220758j:plain

元気の良いニジマスも。

 

昼になり、川から上がってクルマに戻り、

持参したおにぎりとカップヌードル味噌で昼ごはん。

しばし休んで大移動。

 

午後は初めて釣る場所へ。

ちょうどエサ釣りの人が上がってくるところで、

十分なソーシャルディスタンスを取りながら、情報交換。

と言うと聞こえが良いが、正直なところ私に情報はほとんどなく、

色々とご教示いただいたというのが本当のところ。

親切な人だった。ありがとうございます。

そのエサ釣り師は全くアタリが無かったそうだが、

ルアーはまた違うだろうから選手交代で私が川へ。

 

水深、岩の入り方、流速、すべて良い感じの長いラン。

これは下る釣りだな、と判断して、ミノーでゆっくり下る。

丁寧に丁寧に一番下まで進むも、反応ナシ。

いやいや、ここにサカナがいないはずはない。

ルアーをスプーンに交換し、アップクロスで対岸に投げ、

底ギリをトレースするイメージで、今度は少しずつ釣り上る。

しかしやはり反応がないまま、スタート地点だったランの最上流部へ到達。

 

ここで、ほんのわずかなラインスラックを出しながら

ナチュラルに流していた(つもりの)スプーンに一瞬の違和感、

反射的にあわせるとゴンゴンゴンというサカナ反応。

お。これは小さくないぞ。

少々焦りながら一気に寄せてランディング。

 

 

f:id:Totoya:20210311224617j:plain

岩魚。ネットサイズとの比較で尺を超えていることは分かる。

久しぶりにメジャーを出す。34cm。

ああ、これで気分よく帰れるぜ。

 

 

f:id:Totoya:20210312203208j:plain

帰路につく前にお湯を沸かし、川を眺めながら紅茶を飲む。
 

歩きまわって疲れたけれど、もちろん翌日は出勤、

そこが勤め人のつらいところよ。

あーしたもがんばろう、あいすーるひとにささげよう。

 

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村